不動産

価格や傾向を考える

賃貸と競合するものは

不動産

賃貸住宅が始まったのは古くは江戸時代とかそれ以前までさかのぼりますが、今のような形態の賃貸は戦後20年ほどが経過した頃です。その頃は今のようにマンションが多かったわけでなく、それからさらに10年経過した頃にマンションは増え始めます。 ところが賃貸住宅は飽和を通りこしており、どこも賃貸だらけです。しかも空室率が高くなってきており、様々な問題を抱えているのです。賃貸に類似するものは、建売や分譲住宅などです。ただ、この建売住宅や分譲住宅は、最近見直されています。賃貸住宅以上に空家があるからです。できるだけ空家を減らすべく中古住宅の購入が容易になるような方向に進んでいます。 賃貸にしろ建売住宅や分譲住宅にしろ、空き家の問題はしばらく続きそうです。

その価格や傾向について

賃貸住宅を借りる時の価格や傾向はどうなっているでしょうか。賃貸住宅の家賃はその部屋の広さや新築から何年たっているか、駅から近いか、駐車場には車が置けるかなどを総合的に判断をして決められます。 これによって家賃が変わって来るのです。つまり、家賃にもそれぞれの条件によって基準がわかれているわけです。ですから、家賃が安いというのは人々が避ける何らかの理由があると思って間違いありません。 今後家賃はどのようになっていくでしょうか。ここ数十年家賃の価格は変わっていません。これは家賃を安くすると、困るのは内需拡大に貢献する投資家だからだと予想できます。せっかく部屋を貸しても家賃が安いのであれば、投資をする意味がないからと言うことです。

ウワサはホント?

Piggy bank

噂というものを信じ込んだせいで、大事なものを見逃してしまうことがある。しばしば、そういうことが起こります。都市綜研インベストバンクにまつわるもろもろのウワサについても、それは同様です。

読んでみよう

不動産の見極め

不動産

不動産投資を行なう際には、投資対象となる物件の見極めを意識しなければいけません。当然投資を行なう際には巨額のお金が動くので、インターネットをはじめとした様々な媒体から情報を得ておきましょう。

読んでみよう

投資を始める人達

Graph

不動産投資をする際、その対象物件が中古ワンルームマンションであれば、2段階の運用を検討しましょう。一段階目はマンションの戸数をとにかく積み上げること、そして二段階目が資産の入れ替え時期をじっくり考える必要があります。

読んでみよう