不動産

投資を始める人達

まずは保有戸数を積み上げよう

Graph

中古ワンルームマンションで不動産投資をするのであれば、2段階で運用を考えていく必要があります。まず第一段階は、中古ワンルームマンションの戸数をひたすら積み上げていくということです。不動産投資のリスクを抑える1つの方法が空室リスクの分散です。これには多くの物件を保有することが効果的です。他の物件が空室になった物件の費用をカバーしてくれるからです。しかしながら、闇雲に中古ワンルームマンションを積み上げればよいというものではありません。価格の動向をみながら、タイミングを図りましょう。不動産はインフレーションの時には高く、デフレーションが起きると安くなるという傾向があります。まずはデフレーションの時に積極的に購入することを目指しましょう。

築年数の新しい物件を買おう

2つ目の段階は資産を入れ替える時期です。時が経てば、不動産も劣化していきます。いつまでも持ち続けると劣化が進み、費用ばかりが嵩んでいきます。良いタイミングで手放し、その売却資金で新しい物件を保有することで、保有資産全体の品質を保てるようにしましょう。この際、なるべく築年数の浅い物件を購入していくことがポイントです。築年数の古い物件は、小さい上に設備も古くなっています。人口が増加している時代はいかに多くの部屋を作ることができるかと考える傾向もあります。